家事術

こまめな掃除洗濯で節約上手になろう!

投稿日:

こまめな掃除洗濯で節約上手になろう!

今日お伝えしたいこと。それは、次のことです。

掃除、洗濯、家事は、こまめが一番

日々節約を意識しながら生活している人も多いかもしれませんが、こまめに掃除洗濯をすることによって、後から余計な手間をかける必要がなくなるので、その結果としてお金の節約につながります。

節約上手の人は実践していることではありますが、この努力を怠り様々なことを後回しにしていては、金運までも逃げ去ってしまうかもしれません。

チャンスの後ろ髪は短いと、昔のことわざにもある通りです。

片付けできる人は節約できる人=お金が貯まる

節約が上手な人は、部屋もすっきりしている傾向にあります。

このような人は自然にお金もたまっていきますが、その人の整理整頓術、掃除習慣について参考にしてみると良いでしょう。

部屋を片付けられないと悩んでいる人の中には、何をどこに収納すればよいのか決められないというケースが多く見られます。あまりにも考え過ぎてしまい時間ばかりがかかり、結局は片付かないという事態が発生します。そこで解決策として、片づけの判断に迷ったものを入れておく収納箱を用意しましょう。

後から片づける手間はありますが、どこにしまえばよいのかわからないと悩んだときにこの収納箱に入れれば、部屋の見た目もすっきりし、後からの片付けも楽になります。

後から片付ける物入れの箱を準備!

物を納めるスペースを確保

そして床の上には物をおかないことを徹底しましょう。

床の上に本や洋服、段ボールなどを置きっぱなしにしている人も多いことでしょう。このように床の上に荷物を置いている場合には、それらを片づけることが大切です。床には何も置かない状態を作り、これにより部屋は非常にきれいになり、掃除もしやすくなります。

ものをしまう場所を決める場合には、まず収納家具を用意することが大切であり、床にものを置かないことを徹底することが大切です。掃除のしやすさだけではなく、衛生面でもメリットが生まれるでしょう。

物も収納も床に直置きしない!

着ない服は捨てる!

またクローゼットも定期的に片づけることが望まれます。自分の趣味には合わない洋服や、サイズが合わない服であっても、いつかは着られるかもしれないという思いから、なかなか処分できないという人も多いものです。

このような場合には、定期的に処分していくことが求められます。

毎月1回でもいいので、例えば資源ごみの日に何かを2つ処分するというルールを作ってみましょう。これにより1年間で約25アイテムほどを処分することができます。

毎月2着着ない服を捨てる習慣を作ろう!

雑誌もため込まないこと!

毎月定期的に雑誌を買っているいるという人も多いかもしれませんが、このような雑誌はかさばるもので、知らない間に本棚や収納スペースを圧迫しているものです。だんだんと収納スペースに入れられなくなるので、テーブルや床に置きっ放しの状態をつくり出すことにもつながるでしょう。

一般的に一度読み終ると、もう一度読む機会は少ないという人がほとんどです。

気に入っているからと言って捨てられずに雑誌をためてしまう人もいるかもしれませんが、一度読んだ雑誌は、次の分を購入したら捨てることを徹底しましょう。もしもお気に入りのページがあって捨てられないというのであれば、そのページだけを切り離してそのほかは処分してしまいましょう。

雑誌は新しい物を買ったら必要なページだけスクラップして捨てよう!

洗濯はこまめにしよう!

そして掃除だけではなく、こまめに洗濯をすることも節約上手につながります。

洗濯物の中でも、大きな割合を占めるものかバスタオルと言えるでしょう。家族が1枚ずつ使い、それを毎日洗濯していては、かなりの洗濯物の量につながります。バスタオルは一度でも使ったらこまめに洗わなければ不衛生だと感じる人もいるかもしれませんが、体を洗ってから体に付いた水をふくだけなので、それほど汚くはないといえます。

実際には体を洗った後でも微量な皮脂などが分泌されていて、それがバスタオルに付着するので、何日も洗わないでいれば嫌なにおいが発生するようになります。

このように考えると毎日洗濯した方が衛生的ですが、毎日洗わないのであれば、洗濯しないスパンをせいぜい1、2回ほどを限度にしておきましょう。

少ない洗濯物で何度も洗濯機を回していた場合には、当然のことながら電気代や水道代のムダにもつながってしまいます。洗濯物の容量は、洗濯機の80パーセントが最も適しているので、100パーセントの場合と比較した場合には、電気代が大きく節約できるでしょう。

洗濯物は適度な空間があった方が、洗濯液もしっかりと行きわたり、回転による洗浄効果も高くなります。たくさん詰め込んでしまうと洗濯物が塊になってしまい、洗剤も足りなくなってしまうため、それだけたくさんの時間を要することにもなります。その結果として電気代も高くついてしまうので、容量は80パーセントぐらいの目安にこまめに洗濯をするようにしましょう。

洗濯機は満杯にせずに80%程度ですること!

そして洗濯機には一般的に標準コースやお急ぎコースなど、名称はメーカーごとに異なりますが、汚れの具合に応じたコースが設定されています。

軽い汚れであればお急ぎコースでも十分きれいになり、電気代や水道代にもつながるでしょう。汚れの具合でコースを使い分けることで、電気代は最大で60パーセント、水道代は最大で30パーセントも異なるといいます。

掃除や洗濯はこまめに行わなければ、先延ばしにすれば取り返しのつかない状態になってしまう可能性もあります。掃除に関しては手軽に頻繁に行うのがポイントであり、汚れが蓄積する前にこまめに落とすことによって大きく節約につながります。

-家事術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

賢い主婦の節約術~料理編~

賢い主婦の節約術~料理編~

もくじ 料理をおろそかにせず節約する方法安くておいしくて栄養価の高い食材まとめ買いがお得節約料理レシピ:ゆで豚とキャベツの味噌炒め食材調理手順節約料理レシピ:さつま揚げともやしのサラダ食材調理手順 節 …