節約術

家計を助ける節約術

投稿日:

家計を助ける節約術

家計を助けて豊かに生きるためには、しっかりとした節約術を考える必要があります。

この点に関しては、収入が高い方がたくさんお金が残るだろうと考える人もいるため、豊かになると聞くと、支出を減らすよりも、収入を増やすことが重要だと思ってしまいがちです。

ですが、実はそのようなことはなく、節約はそれほど収入がない段階でも十分に行うことができ、節約によって、たくさんのお金を残すことが可能です。

収入と支出と貯蓄の関係

分かりやすい例で言えば、収入が大きい人と小さい人はコップの中に入ってくる水の量が違うと考える必要があります。

例えば、ビールジョッキがあり、そこにちょろちょろと水が入っている場合と、ある程度たくさんの水が入っている場合の2種類を考えると、収入が多い人と少ない人の違いがわかります。

普通に考えれば、勢いよく水がはいってきている場合の方がたくさんのお金が残りそうです。(ちなみに、たくさんのお金が残っている状態とは、ビールジョッキの中に入っている水の量を意味しています。)

そして、水の高さが高ければ高いほどたくさんのお金が残っていると考えてよいです。

ところが、実際にはそのようなことはありません。

もちろん、たくさんの収入を得る人が、より多くのお金を効果的に貯められる可能性は高くなります。

ですが、多くのお金を稼いでいる割には浪費ばかりをしていて借金が残っている人やお金がほとんどたまっていない人が多くいることも忘れてはいけません。

逆に、収入はそれほど大したことがないのにしっかりと貯金ができている人は、節約術にたけているといえるでしょう。年収300万円で数千万円の貯金を持っている人だっていくらでも存在します。

欲望はいくらでも肥大化して幸福感を伴わない

コップの例で言うならば、浪費家の人はコップの下に大きな穴が開いているのと同じです。穴の大きさが大きければ大きいほど、浪費癖が激しいといってよいです。

この場合、たくさんの欲求を満たすことになりますが、結局お金は残らずむなしい思いをするだけです。

この点、欲を満たしているのだからよいではないかと感じる人もいるかもしれません。ですが、人間の欲求はとどまることを知らず次から次にほしいと感じる気持ちが出てきます。

例えば、女性の場合ブランド物のバックを持っている人がいるでしょう。ブランド物のバックはメーカーにもよりますが、30,000~50,000円、時には100,000円を超えることもあるでしょう。

例えば、今まで30,000円のバックで満足していた人はやがて30,000円のバックでは満足しなくなってきます。次に50,000円のバッグが欲しくなりそれも飽きてくると次に100,000円のバッグを欲しくなるわけです。

このように、人間の欲求は欲望には際限がありませんので、物欲を満たすことを考えると、いつまでたっても満たされることはないといえます。

無限の浪費よりも、支出を減らして満たされる術を知る

真実として、たくさんの欲を持っていてそれをすべて実現したとしても、その人の満足感は増えることはないです。逆にいつまでたっても欲を満たすことが出来ず不幸に感じることの方が多いです。これは、心理学の結果で証明されています。参照:物欲を満たしても、満たされない心。

コップの穴を小さくする(浪費を減らす)ためには、常にどれだけのお金を使っているかを意識しなければなりません。

実際のほとんどの人は、出て行くお金をそれほど意識していません。実際にお金を使ってもすぐにその使ったことを忘れてしまい、月末になるとあるはずの金がないといって騒ぎ出します。確かに、あれほどあったお金がいつの間にか出ていってしまい気がつくとほとんどお金がない状態に陥るわけです。

月末に自分を振り返ってみると、確かに浪費をしていることがわかります。つまり、その段階になって初めて自分の浪費に気がつくことになるわけです。

究極の節約術

では、これを防ぐためにはどうしたらいいかといえばキャッシュフロー計算書=家計簿をつけることです。キャッシュフローとは、お金の流れを意味しています。お金をどれだけ使っているか、そしてお金がどれだけ出ていくのかの両方を明確にすることにより、自分のお金がどれだけ残るかが分かりやすくなるでしょう。

一番簡単なのは、いつ何にいくら使ったか、ノートや家計簿、Excelシートに直線的に羅列していくことです。オススメは、ズンの家計簿などですが、やり方は何でもよいです。ようはキャッシュフローを明確にすることだからです。

 

めんどくさい計算はしたくないと考えるならば、少なくともレシートを集めて合計だけでも書いておきましょう。毎日どれほどのお金を使ったかをグラフにしてみてもよいです。

そうすると、出ていくお金のほうに意識が向いてきます。実はキャッシュフロー計算書をつけるのは、ち密な計算をしなければならないという意味ではありません。それよりも、自分の中で出ていくお金に対してより強い意識を持つことです。まずこの意識を持たない限りいつまでたっても節約することはないでしょう。お金が出ていく認識を持つならば、次にどのような点に無駄遣いがあるかを明確にしていくことができます。

無駄使いを明確化していく原動力

実は、このときに「キャッシュフロー計算書」が非常に重要な役割を果たしています。この数字の力を馬鹿にしている人もいるかもしれませんが、数字は客観的な事実なので、影響力がものすごく大きいです。例えば、学校のテストの点数を見た時にショックを受けた人は多いはずです。これは、自分の能力を数字で表されていて動かすことのできない事実を突きつけるもので

す。このように客観的に見えなかったものを数字で表すことにより、自分でもより強く認識することが可能になります。これは、お金の動きに関しても同様のことが言えます。今まで気づかなかったことに気づくといった、大きなメリットがそこにあります。

キャッシュフロー計算書を作る。

これが、私がもっともオススメしたい究極の節約術となります。

-節約術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カーテンで節約!遮熱カーテンが電気代を安くする!

カーテンで節約!遮熱カーテンが電気代を安くする!

もくじ 冷暖房効率を上げる遮熱カーテン冷暖房はエアコンを変えるのも1つ遮光カーテンが節電になる理由遮光カーテンの2つの種類ドレープタイプの遮光カーテンレースタイプの遮光カーテン遮光カーテンの最適な使い …

ネットショップを利用して節約ショッピング

ネットショップの利用における浪費を防いで節約生活をするには

もくじ ネットショッピングで浪費が起こる理由そのうち返済ができなくなる人は向上しようとするもの何にいくら使ったか可視化せよお金を使っている感覚を取り戻せ ネットショップを利用する場合には、知らない間に …

ブレサリアンになって、食費にお金をかけないという究極の方法

ブレサリアンになって、食費にお金をかけないという究極の方法

もくじ 食費はバカにならないブレサリアンに向かうプロセスブレサリアンに向かう少食化は健康的果物を活用しよう飲み物は水一択断食中に困ることまずは健康的な小食一家になろう節約を目的にするなら小食になるのは …

自動車保険を節約する方法

自動車保険を節約する方法

もくじ 節約するなら自動車保険自動車保険は節約できる!自動車保険を安くする方法ダイレクト型自動車保険は、なぜ安い?補償内容を節約するにはその他細かな補償内容を見直そう 自動車の購入は大きな買い物なので …